10月30日に開催されるM3に今回も出店いたします。

既にJETSETさんとらのあなさんまんだらけさんにて販売しご好評戴きましたアシッドコンピ『TB OR NOT TB』ですが、今回その第二弾として製作した『TB OR NOT TB be Invoked』の販売がこのM3よりスタートします。
Jacket_front
今回も909stateが参加しております。 収録曲「Sticky Bassline(swing)」というタイトルは、くるりの「ワールドエンドスーパーノヴァ」の一節「スウィングして粘るベースライン」からきています。実際にクラブでかかっていてベースラインが粘りつつスウィングしてる曲ってこんな感じかなぁといった事を考えつつ作りました。
お値段は前作よりさらにお求め安くなって500円!
そして先着で購入者特典として、前作でも製作し密かに好評だったステッカーと、さらに未発表トラックを収録したCD『TB OR NOT TB Supplement2』がついてきます!お楽しみに!
特典は数に限りがありますので(先着30名)、入手を希望される方は、できればお早めにブースへお越し戴ければと思います。
前作『TB OR NOT TB』も用意しておりますので、まだの方はこちらも是非!

尚、今回はこのコンピとのコラボ企画して、ネットレーベルacid-gelgeにて『TB OR NOT TB BE INVOKED Exclusive Download』を展開中です。コンピ参加者4組によるお楽しみmp3がフリーDLできるようになっています。こちらを是非iPodなどに入れて、会場まで足を運んで戴ければなぁといった感じです。

そしてもう一点、M3では新作コンピとしてアンビエントコンピ『Msuik For…』も同時リリースされます。
musikfor_logo

こちらにも909stateで一曲参加しました。
既発表曲「endless8」のリメイクなのですが、基本的なコンセプトのみ踏襲し、中身は完全に別の曲に生まれ変わりました。タイトルからお察しの通り、某アニメの某エピソードをネタにした曲なのですが、今回のバージョンはそのアニメの舞台になった場所へ、そのエピソードの設定時期に現地に赴き、環境音を録音し、それを曲の中に組み込んでいます。
今回、音はもちろんのことアートワークも非常に凝っていて、 CD1枚ごとに全部異なる仕様となり、それぞれ違った写真が一枚封入されています。ファスマくん渾身のデザインです。
このアンビエントコンピもお値段は500円。 
こちらも先着で30名様にロゴバッヂをプレゼントします。 
また、このコンピをきっかけに909stateのアンビエント方面の作品にも興味を持って頂ければ嬉しいなと思いまして、しばらく廃盤となっていたCD版「Water Puppetry」を10枚再生産しました。こちらも500円です。

そして最後にもう一点、僕がプロデュースした現役中学生テクノユニットD4Cのデビューシングル『VCO Sputnik』もリリースします。
僕の親戚の女子中学生と、その塾の友達で無理矢理結成させたユニットです。

D4Cの音源としては、909stateのサウンドクラウドにあがっている「saccharine」というアシッドチューンがありましたが、今回のEPに関しては敢えて事前に参考になる情報を公開しませんでした。「saccharine」とは音の方向性は多少異なっておりまして、MS-20とRE-201を駆使したミニマル、ダブチューン4曲を収録しております。
正直、海のものとも山のものともつかない新人ユニット、CDもどれだけ買ってもらえるかわからないといった事情もありまして、M3に持ち込むCDの数は若干少なめの15枚となっております。こちらもお値段は500円です。

ここでは主に僕が携わった作品に関してのみご紹介しましたが、当日は他にも沢山のCDをご用意しております。全容に関しては主催者のakmtさんの記事もご参照下さい。
尚、『TB OR NOT TB』でジャケのモデルさんをやって戴いた@kimonohimeさんが売り子さんをやってくれるそうです。そうです。あの絶対領域のお姉さん!美人さんです。

卓番『D14-a』です。
お待ちしておりまーす!